フォトアルバム
Powered by Six Apart

2013年4月 3日 (水)

2013年3月末日 皆様へお知らせ

いつも、このブログにご訪問下さり有難うございます

慣れない写真の選択や遅筆のため、いつも遅れてのアップに
付き合って下さり、本当に有難うございます。
おかげさまで、アクセス数も15万を超えました。

今回、このブログの容量が100%近くになり、
新たにブログを開くこととなりました。

またお時間がありましたら、よろしくご訪問くださいませ。

新ブログ名:  stork-field 弐
ネーム名 :  貴夢

代わり映えしませんが、よろしくお願いいたします。

Img_0066

2013年4月 2日 (火)

2013. 03/31. 午後の郷公園のコウノトリたち

晴れた翌日の曇り空、前日より少ない飛来でした

Img_0001

伊豆夫人J0296は、この日も遥々飛来していました

Img_0003

日高山本夫人J0399も、遠くから来ていました
コウノトリにとっては、たいした距離ではないようです

Img_0004

手前が日高山本夫人J0399、後ろが2010年祥雲寺生J0021

Img_0023

百合地夫人J0228も来ていました

Img_0029

J0384が来ていましたが、2008年三木生J0426は来ていません
何処かで、巣材を運んでいるのかな?

Img_0142

給餌の為、飼育員の方がケージ内に入って来られ、
入り口に集まっていた飛来コウノトリたちが、逃げ出します
左が2009年百合地生J0012、右は2010年祥雲寺生J0021
若いペアは、こんな時も息ピッタリ?

Img_0146

殆どのみんな、飛んで移動

Img_0165

2009年百合地生J0012が飛んで移動

Img_0175

いつもの、賑やかな?エサ探し

この日の飛来コウノトリたちは、8羽、
交代後に飛来した祥雲寺主人J0405を、加えています

2013. 03/31. 午後の郷公園のコウノトリペア J0405&エヒメ


すっきりしない曇り空、午後の郷公園に行くと、
郷公園前、祥雲寺の人工巣塔に1羽

Img_0013

エヒメさんが、この日もお先に巣塔で待機中

Img_0072

Img_0074

給餌の軽トラックが到着し、エヒメさんが巣塔からケージ内に下りて来ました

Img_0170

エヒメさんが激しい動きでエサ探し

Img_0188

ニジマスを捕り、土手に上がりました

しばらくすると、エヒメさんが西公開ケージを飛び立ち、
東ゾーンの巣塔へ向かいました

先回りして待っていると...

Img_0197

Img_0198

Img_0200

Img_0202

Img_0206

エヒメさんが帰って来ました
クラッタリングはありませんでしたし、
祥雲寺主人J0405もすぐには立ち上がりません

Img_0213

あっという間の交代!立ち上がるとすぐ飛び立って終いました
残ったエヒメさんが、転卵行動をしています  素早い!

Img_0197_2

西公開ケージに下りた祥雲寺主人J0405
足が長いです

Img_0207

水の中でエサ探しするJ0405
中々、エサは見つからないようでした

2013. 03/30. 午後の郷公園のコウノトリたち


天候が良いと、コウノトリたちが集い青空に帆翔、
上空に舞う姿に他のコウノトリたちも刺激されるのか、
いつの間にか参加し、数が増えます

この日も最初、上空に3羽ほどしか見えなかったのが、
いつの間にか8羽ほどに増え、給餌時間近くになると次々と下りてきました

Img_0005

伊豆夫人J0296は省エネ?早くからケージ内に入っていました

Img_0239

上空で散々遊んで?きた2010年赤石生J0020、
やっと下りて来ました

Img_0247

日高山本主人J0011仮番は、一旦ケージ内に下りていたのに
上空の仲間に合流、そのあと、また下りて来ました

Img_0260

手前は2008年三木生J0426、奥は2004年生J0384
矢張り、ペアとして来ていました

Img_0358

Img_0367

百合地夫人J0228も飛来
カオが水に濡れると、トキのようになってしまいます

Img_0379

お待ちかねの給餌の軽トラックが到着
左が伊豆夫人J0296、右がJ0426 飛んでお出迎え

Img_0392

他のみんなもわれ先にお出迎え
いつもなら、土手を整列?し歩いてお出迎えするのですが、
この日は余程空腹だったのか、待ちきれないようでした
それでも、飼育員の方が入って来られると、一斉に逃げ出すのです
いい加減に学習すればいいのに、ネ

Img_0408

戸島夫人J0294も、久しぶりにお出迎えに加わっていました

Img_0423

Img_0424

祥雲寺の人工巣塔で待機していたエヒメさんも、入ってきました

Img_0435

早くもタライのアジを食べに集まった面々
左手前が戸島夫人J0294、
左奥の2010年赤石生J0020と右のJ0384が、母と息子で
アジの取り合いをしていました

Img_0475

偶然、若いペアが飛んで移動
上が2010年祥雲寺生J0021、下が2009年百合地生J0012

Img_0452

エヒメさんが、活き餌のニジマスを咥えていました
ニジマスは、咥えられてもよく暴れるので、飲み込むまで時間がかかります

Img_0491

中々ケージ内に入って来ず、ダレかと思ったら、2010年百合地生J0025
たまにしか来ないので、入りにくいのかな?

Img_0505

左がJ0025、右はトキ?百合地夫人J0228
母と息子のツーショットです

Img_0526

Img_0542

祥雲寺主人J0405がエヒメさんと交代し、西公開ケージに飛来したとき、
後に着いてくるようにして入ってきたのは、福田幼鳥J0059でした
折角、入ったのに遠慮して水の中でじっとしていました
もっと早く来ないと、エサはありませんヨ

Img_0547

Img_0553

食後間もなく、巣塔に急いで帰る仲間を見送り、
食後休憩に入っていたペア、左が2010年祥雲寺生J0021、
右が2009年百合地生J0012、突然上空を見上げ、クラッタリング

Img_0603

居残っていた2009年野上生J0017も、何事かと見ていました

Img_0563

Img_0624

上空から2羽、下りて来ました
そのうちの1羽、百合地主人J0275、夫人J0228と交代し、飛来

Img_0581

もう1羽は、先程来ていた2010年百合地生J0025
他のコウノトリたちが、次々と飛び立った時釣られて飛び立ち、
今度は、父鳥J0275に着いて来たようです
忙しいことです

この日の飛来コウノトリたちは、交代、遅刻を含め15羽でした


2013. 03/30. 午後の郷公園のコウノトリ J0405


郷公園東ゾーンの新巣塔で、エヒメさんと新居?を構え、
どうやら抱卵中のような祥雲寺主人J0405
この日の給餌時間にも、エヒメさんに先を譲り、自分は交代後
西公開ケージに入って来ました

Img_0523

かなりの時間が経っています
エサが残っているといいのですが...

Img_0530

この日のタライのアジの量は少なかったようで、水の中へ
ビオトープ周囲に打ち込んである木の杭の間を丹念に探っていました

Img_0548

Img_0586

Img_0593

クビまで水に浸かりながら探した甲斐があり、
ニジマスを3匹も捕りました
ホントはもう1匹、追い出したのですが、捕り損ね、
戸島夫人J0296に横取りされてしまいました

それでも兎に角、食べれて良かったです

2013. 03/30. 午後の郷公園のコウノトリたち J0426&J0017


飛来コウノトリたちの多かったこの日、ちょっとした遭遇?がありました

Img_0561

左が2008年三木生J0426、右が2009年野上生J0017
右手前は、戸島夫人J0294、その右手前は福田幼鳥J0059

昨年の三江ペア、J0426とJ0017が並んでいました
というより、J0017が近づいたようです

Img_0562

エサ探ししていたJ0426が気づき、クチバシでJ0017を突くように威嚇?
緊張していた?J0017が怯む様子が見えました

Img_0563_2

左のJ0426は、また下を向き、エサ探し
J0017の目は縮瞳していました 

Img_0574

そのうち、J0017はJ0426の前を通り、畔に上がって行きました
通る時も緊張していたのか、目は点のまま
畔に上がり、しばらくしてやっと普通になっていました

折角出来ていたペア、爆弾低気圧さえなければ、と未だに残念です

2013. 03/30. 午後の郷公園上空のコウノトリたち


晴れた午後、青空もまずまず
飛来コウノトリたちも気持ちよさそうに、郷公園上空を帆翔、旋回
東ゾーン巣塔の祥雲寺ペア、J0405とエヒメさんの顰蹙?を買っていました。

Img_0030

Img_0048

福田幼鳥J0059、旋回する仲間に誘われたのか、上空にいましたが、
ケージ内には遅れて来ていました

Img_0038

飛ぶのがお得意?2009年百合地生J0012

Img_0205

エヒメさんも加わっていました

Img_0283

左は2008年三木生J0426、右は2010年赤石生J0020
少し、微妙な雰囲気?

Img_0290

Img_0291

Img_0292

左J0426、右J0020、空中戦?じゃれあい?
ケージ内でも一寸したこぜりあいをする2羽ですので、
じゃれあいではなさそうな...?

と、しばらくすると、また2羽が接近戦?

Img_0299

Img_0300

Img_0301

左は2010年赤石生J0020、右は相手が変わり2008年伊豆生J0011仮番
余程、J0020は絡まれやすいのかな?

Img_0303

それでも、こんな接近戦は一瞬のこと、
後は何事もなかったように帆翔していました
上がJ0011仮番、下を行くのがJ0020

給餌時間まで30分以上あります
こんな日は、時間間際にバラバラとケージ内に下りて来るので、
ダレが来たのかの確認が忙しくなります

Img_0314

2010年祥雲寺生J0021、15時前にまだ旋回していました

Img_0329

15時過ぎ、上空に姿をみせたのは、百合地夫人J0228
カオがよく汚れているので、すぐわかります

この日、上空を優雅に舞っていたのは、8羽ほど
前日に引き続き、多い飛来でした

2013年3月31日 (日)

2013. 03/30. 午後の郷公園のコウノトリペア J0405&エヒメ

久しぶりに晴れた日、郷公園東ゾーンの巣塔を見に行くと、
祥雲寺主人J0405が、非公開ゾーンのビオトープでエサ探ししていました

Img_0038

上空に3羽飛来、祥雲寺主人J0405が急いで飛び立ち、
祥雲寺の田んぼ上空を旋回後、巣塔に戻って行きました

Img_0091

Img_0095

Img_0096

Img_0097

Img_0098

Img_0099

Img_0100

Img_0103

Img_0104

Img_0105

Img_0109

Img_0110

Img_0117

祥雲寺主人J0405が帰って来ると、いつものように
エヒメさんはクチバシを開けて歓迎
この日は、巣に座ったままJ0405に合わせ、クラッタリング
上空のコウノトリたちを威嚇していました

Img_0135

Img_0136

上空のコウノトリたちは、気持ちよさそうに旋回しているだけなので、
姿が見えると、またペアでクラッタリングしていました

Img_0145

Img_0156

やっと落ち着いたので、エヒメさんが立ち上がりました
2羽で巣繕いと転卵?

Img_0170

Img_0172

Img_0173

Img_0174

そのうち、エヒメさんが巣塔を飛び出し、西公開ケージへ向かいました

Img_0182

残されたJ0405、巣の中を整えるようにした後、座り込んでいました

Img_0522

Img_0523

エヒメさんが、西公開ケージで採餌して帰って来ましたので、
祥雲寺主人J0405が、交代して飛び立ちました
15時半近くです エサが残っているといいネ

Img_0529_2

ちゃんとエサを食べてきたエヒメさん、巣の中を誇らしく?見ています
この後、転卵?し、ゆっくり座り込みました


2013. 03/29. 午後の郷公園のコウノトリたち


前々日の27日、前日の28日は、5羽前後と飛来数が少なかったのですが、
この日は11羽、賑やかなこととなりました

Img_0528

伊豆主人J0381  早くから入っていました

Img_0529

2004年生J0384
2008年三木生J0426はまだ来ていません

Img_0531

百合地夫人J0228 も早めに来ていました
繁殖シーズン前は美鳥だったのに、この時期になるといつも汚れています

Img_0547

日高山本主人J0011仮番も来ていました
奥は、百合地夫人J0228

Img_0552

2009年野上生J0017
この日も来ていました  矢張りクビの辺りの羽毛が少ないような...

Img_0592

2008年三木生J0426が、下りて来ました

Img_0595

給餌時間、みんなが飛び交う中、
祥雲寺の巣塔でいた祥雲寺主人J0405が、東ゾーンの巣塔に戻り交代、
いつの間にかエヒメさんがフェンスにとまっていました  
エヒメさんが上空を見ています

Img_0602

2010年赤石生J0020が下りて来たのでした

Img_0616

飼育員の方が入って来られたので、みんなゾロゾロ?引き返し
左は百合地夫人J0228、右手前は2010年赤石生J0020、
右奥は、J0020の母鳥J0384

Img_0708

Img_0711_2

エヒメさんのエサ探し

Img_0638

エヒメさん、帰る準備をしているのかな?
早く帰らないと、J0405がエサを食べれません

いきなり、他のコウノトリたちと共にエヒメさんも飛び立ちました

Img_0643

15時半前、祥雲寺主人J0405が飛来

Img_0654

Img_0655

Img_0661

Img_0662

祥雲寺主人J0405、エサが残っていないようで、上の川を探した後、
土手から下のビオトープに飛んで移動
他のみんなが食後休憩する中、一生懸命エサ探ししていましたが、
食べれていないようでした


2013. 03/29. 午後の郷公園のコウノトリ J0021


風の冷たい曇り空、コウノトリたちにとっては風に乗りやすいようで、
給餌時間前、上空を優雅に旋回していました
と、そのうちの1羽、西公開ケージ東の小山の松にとまりました

Img_0617

Img_0618

Img_0619

Img_0620

Img_0621

2010年祥雲寺生J0021
一寸とまって、すぐ軽やかに離れました
安定して長くとまれるのは、J0021の母鳥、エヒメさんくらいです

最近の写真

  • Img_0066
  • Img_0175
  • Img_0165
  • Img_0146
  • Img_0142
  • Img_0029
  • Img_0023
  • Img_0004
  • Img_0003
  • Img_0001
  • Img_0207
  • Img_0197_2